管理人であるわたしも、数年前に沖縄ダイビングを経験してからというもの、沖縄に魅了された人間です。

沖縄ダイビングを楽しむために

一口に「沖縄ダイビング」と言っても、いろいろな場所やスタイルがあります。

特にツアーでは、宿泊先をどこにするかによって旅行の内容が大きく変わります。

ケラマダイビングツアーを例に、ステイ先ごとのメリット&デメリットを考えてみました。


・沖縄本島ステイ(那覇のビジネスホテルや北谷・恩納のリゾートホテルなどに宿泊)

«メリット»

那覇空港から次の島へ移動することがないので、無駄な時間とお金がかからない

ダイビングしない日(到着日や出発日)も他の遊び方が豊富

ダイビングした日も、夜は沖縄料理を楽しんだりショッピングしたりできる

«デメリット»

ケラマまでのボート移動の時間が長い

1日中ボートの上で過ごすので、船酔いしやすい人にはつらい

初心者さんも多いので、ダイビングポイントの選択肢が少なくなる


以上を踏まえて、向いているのは、ツアー日程が短い・低予算・ダイビングだけでなく 他にもいろんな沖縄を楽しみたい・ダイバー以外の同行者がいる・ダイビング初心者といった方々でしょう。


・ケラマステイ(各島の民宿などに宿泊)

«メリット»

ダイビングポイントまでの移動時間が短い

ダイビングが終わるといったん島に戻ってきて休憩できる 昼食も陸で食べられる

ベテランやリピーターが多いので、スキルの必要な大物ポイントにも行き易い


«デメリット»

ケラマまでの移動時間とお金が余計にかかる

ダイビング以外にすることがあまりない

ダイビングサービス併設の宿で3食付など、行動範囲が限定されがち


以上を踏まえて、向いているのは、ツアー日程に余裕がある・予算もある程度ある、 とにかくダイビングだけできればOK・ボートで長時間過ごすのは避けたい、 ダイビング経験は多少ある・利用するサービスが好きといった方々でしょう。


旅行の楽しみ方は人それぞれ。あなたに合ったプランを選択して、 思い出深い沖縄ダイビングにしたいですね。


────────


【とにかく沖縄を満喫してほしい】

沖縄ダイビングをはじめ、とにかく沖縄を満喫して頂きたいと思います。

国内随一の透明度を誇る海に潜れば、忘れられない想い出になるでしょう。

カラックダイビングスクールが想い出作りをお手伝いします → http://www.kalak.jp/


2014年7月29日
運営者についてを編集しました


2014年7月29日
沖縄の小さな無人島の記事をアップ


2014年7月29日
ベストダイビングポイントを追加しました


2014年7月29日
いつか潜りたいポイントの記事をアップしました


2014年7月29日
とあるダイビングの一日の記事をアップしました


2014年7月29日
沖縄ダイビングを楽しむためにの記事をアップしました